南青山のトータルビューティーヘアサロン (外苑前駅4A出口より徒歩4分)

MENU

Column

[2020.01.19] ホワイトブロンドヘアは傷む?

久しぶりに目より上で前髪切ったら

1週間ですぐ目に入るくらい伸び(た気になっ)て鬱陶しく感じてる小山です。

 

前髪カット動画と写真、ただいま編集中なので

アップしたらお知らせします❤︎

 

アップはおそらくInstagramで☺︎

 

こちらのフォローをお願いします♪

 

 

 

今回はケアブリーチについて!

お客様でホワイトブロンドにしたいお客様がいらしたので、写真をお借りして少し紹介しますね。

 

 

お客様DATA

パーマ履歴あり(1ヶ月前)、カラー初めて

硬毛、地毛少し明るめの黒

 

初カラーがブリーチなんて挑戦者☆

ただ、最近は透明感カラーが流行っているので、ひと昔前に比べると割と多いですね。

 

今回はパーマ履歴があるため、ケアブリーチを使いながらの脱色です!なるべく傷ませない、それがKIND流。

 

ではケアブリーチとは?

 

髪のダメージを軽減できる新しい髪の補修成分を利用したブリーチ技術のことをそう呼びます。

従来からあるブリーチ剤に「プレックス系」と呼ばれるその補修成分を混ぜることで、髪が傷んでいないような仕上がりにすることができます。

 

こちらのお客様もホワイトブリーチ(ブリーチの1.5〜2倍くらいの脱色力)と通常のブリーチで、2回ブリーチをしています。

 

手順は①ホワイトブリーチ

→シャンプー時に紫シャンプー

②通常ブリーチ※根元以外の抜け切らなかった赤み強い部分に塗布)

→シャンプー時に紫シャンプー(揉み込み後放置5分)

 

①と②にはどちらもプレックス系処理剤が入っています。

 

確かにダメージは、お客様の想像をはるかに超えるほど少なく、手触りもとても良かったです。

切れ毛も起こりませんでした。

 

ただ、パーマはやはり落ちて(ゆるくなって)しまいます…

 

パーマとブリーチを悩んでる方は、

順番的には

パーマを少し強めにかけてからブリーチ

の方がいいかと思います。

 

ただこちらは髪の状態がいい場合です。必ずしも誰もがこの順番を守れば大丈夫!というわけではないので、しっかり担当美容師とご相談くださいね。

 

ブリーチを繰り返している方は、毛先がふにゃふにゃになったり、切れ毛が多かったり、乾きにくかったりするかと思います。

 

そういった方は必ずケアブリーチと内部補修PPTトリートメントをオーダーすることをお勧めします!

 

プレックス系処理剤は、髪の強度を保ってくれるものなので、髪が「傷んでいない」わけではないのです。

 

なので、必ず不足した栄養成分を補ってあげるPPTトリートメントをしてあげてください。

 

これからも長く素敵にヘアスタイルを楽しむために…

 

どんなご相談でもお気軽にどうぞ。

KINDは皆様のお声と美容師のふんだんな知識をカウンセリングで擦り合わせて、より良いヘアスタイルをご提案していきます。